大念寺の概要

大阪 茨木 大念寺本堂
大念寺本堂

名称: 阿威山 善法院 大念寺 (あいさん ぜんぽういん だいねんじ)

通称: 大織冠堂(たいしょっかんどう)

宗派: 浄土宗 (総本山は京都の知恩院)

宗祖: 法然上人(ほうねんしょうにん)

ご本尊: 阿弥陀如来(あみだにょらい)

創建: 飛鳥時代・斉明天皇二年(西暦656年)

→この年、安威にお寺(善法寺)が建てられる

創建者: 定慧上人 (じょうえしょうにん)

     慧隠法師(えおんほっし)

     藤原鎌足公(ふじわらのかまたりこう) 

再建: 安土桃山時代・天正十八年(西暦1590年)

→この年、浄土宗のお寺(大念寺)として再建

再建者:  専譽流念上人(せんよるねんしょうにん)

中興: 江戸時代・享保六年(西暦1721年)

→この年、境内堂宇を整備(現在地に移転集約)

中興者: 往譽頓隨上人(おうよとんずいしょうにん)

ところ: 大阪府茨木市安威三丁目17-3 

 

浄土宗の教え

阿弥陀如来
阿弥陀如来
法然上人
宗祖法然上人

 阿弥陀如来(あみだにょらい)の平等のお慈悲を信じ、どこにいても、なにをしていても「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と御名(お名号)を称えて、人格を高め、社会のためにつくし、明るいやすらかな毎日を送り、往生(おうじょう:西方極楽浄土に生まれること)を願う信仰です。

 阿弥陀如来の、御名(なむあみだぶつのお念仏)のなかに生活しなさいという教えであります。

浄土宗21世紀劈頭宣言

愚者の自覚を 家庭にみ仏の光を

社会に慈しみを 世界に共生を

大阪府茨木市浄土宗大念寺 桜
桜舞う大念寺
大阪府茨木市 浄土宗大念寺 本堂
秋空と本堂
大阪府茨木大念寺 雪
本堂雪景色

当寺の位置

【おしらせと近況】

2018年

11月

15日

五重相伝会中の写真と成満ご報告

続きを読む

2018年

10月

11日

高槻市開催の「藤原鎌足と阿武山古墳」に出展

続きを読む

2018年

4月

11日

大念寺桜模様

続きを読む

2018年

3月

26日

五重相伝修行

五重相伝おしらせ
続きを読む

2018年

3月

21日

春彼岸の法要(彼岸施餓鬼会)を奉修

続きを読む
法然上人知恩院HP
中臣鎌足、藤原鎌足
大織冠鎌足公
井上直久氏「雲近き村」
井上直久氏「雲近き村」
徳本名号幢幡
徳本名号幢幡
極楽浄土の図(観経曼荼羅)
極楽浄土の図(観経曼荼羅)