大阪府茨木市大念寺開基定慧上人
大念寺所蔵「大織冠画像」の定慧上人

定慧上人(定恵・貞慧)

定慧(じょうえ)上人は皇極天皇2年(西暦643年)に生まれ、藤原鎌足の長男です。慧隠法師に弟子入りし出家、大念寺開山上人となったのちの白雉4(西暦653)年に11歳で遣唐使に従って中国の唐へ留学し、長安の慧日道場において神泰法師(三蔵法師玄奘の弟子)について学びました。『藤氏家伝』によれば天智天皇4(西暦665)年に唐の劉徳高の船に乗って帰国するが、同年1223日、大和国(奈良県)大原で23歳の若さで亡くなったとあります。百済人にその才能を妬まれ毒殺されたとあります。

しかし、『元亨釈書』や大念寺の寺伝『大織冠縁起』によればそれとは異なった話がたてられており、それによれば和銅1(西暦708)年に帰国し、留学中の夢のお告げに従って藤原鎌足の遺骸を摂津国阿威山から奈良県の多武峰(とうのみね)に寺院を建立して墓所を改葬しました。そして和銅7年(西暦714年)625日に70歳で亡くなったとあります。また、鎌足の長男としていますが実は孝徳天皇の妃を鎌足が賜りそこに生まれた子供であるため、孝徳天皇の落胤すなわち天皇の血筋を引く皇子であるのだと伝えられています。

定慧上人については多くの資料がありますが、謎が多く、学者の中でも様々な説がたてられています。

【おしらせと近況】

2019年

1月

01日

謹賀新年

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのことと

お慶び申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、

新年のご挨拶とさせていただきます。

合 掌

2018年

11月

15日

五重相伝会中の写真と成満ご報告

続きを読む

2018年

10月

11日

高槻市開催の「藤原鎌足と阿武山古墳」に出展

続きを読む

2018年

4月

11日

大念寺桜模様

続きを読む
法然上人知恩院HP
中臣鎌足、藤原鎌足
大織冠鎌足公
井上直久氏「雲近き村」
井上直久氏「雲近き村」
徳本名号幢幡
徳本名号幢幡
極楽浄土の図(観経曼荼羅)
極楽浄土の図(観経曼荼羅)