慧隠法師(恵隠) 

日本浄土教の先駆け的存在

慧隠(えおん)法師は近江国滋賀郡(滋賀県)の漢人(渡来系)の僧侶であり、近江国(滋賀県)滋賀郡の漢人。『日本書紀』によれば、推古天皇16年(西暦608年)9月に小野妹子に従って僧旻、南淵請安らと共に遣隋使として中国の隋へ渡り、31年間にわたり留学しました。舒明天皇11年(西暦639年)9月、新羅送使に従って恵雲と共に帰国し、翌年五月の宮中の設斎(朝廷の仏教行事)にて『無量寿経(むりょうじゅきょう)』を講説(講義)しました。白雉3年(西暦653年)4月にも同じく恵資を論議者、僧侶1000人を聴衆として宮中で同経を講義しました。

 大念寺の寺伝『大織冠縁起』によれば元々大念寺のあたりに住んでいたらしく、『阿弥陀経』を称えてお念仏をするお坊さんでありました。藤原鎌足はこの慧隠法師に深く帰依し、師のために寺院を建立したのが当寺のはじまりです。

 また上記に述べた通り、慧隠法師は阿弥陀如来を説くお経『無量寿経』(のちの平安時代に浄土宗の法然上人によってお念仏の教えの要となるお経)を中国から日本に初めて持ち帰ってきたお坊さんとしても有名であります。



【おしらせと近況】

2019年

1月

01日

謹賀新年

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのことと

お慶び申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、

新年のご挨拶とさせていただきます。

合 掌

2018年

11月

15日

五重相伝会中の写真と成満ご報告

続きを読む

2018年

10月

11日

高槻市開催の「藤原鎌足と阿武山古墳」に出展

続きを読む

2018年

4月

11日

大念寺桜模様

続きを読む
法然上人知恩院HP
中臣鎌足、藤原鎌足
大織冠鎌足公
井上直久氏「雲近き村」
井上直久氏「雲近き村」
徳本名号幢幡
徳本名号幢幡
極楽浄土の図(観経曼荼羅)
極楽浄土の図(観経曼荼羅)