戦国時代の山城の遺跡「安威砦跡」

あいとりであと

 境内裏山の外、北東部に隣接する「天神山(てんじんやま)」には16世紀の戦国時代につくられた砦(とりで)の跡が残っています。三段からなる造りで空堀や井戸跡が保存状態も良く残っています。この砦のことについては資料が少なくて謎が多いのですが、戦国時代には安威弥四郎という領主が安威を治めており、安威の集落南部にはかつて安威城(あいじょう)というお城があって、この砦は戦いの時の詰めの城として築かれたものであるようです。安威城は天正~文禄の頃に安威氏が去り廃城したようで、この砦も同時期に使われなくなったとみられます。浄土宗大念寺として再建されたのが天正18年(西暦1590年) ですので、当時の安威の事情がうかがえる貴重な遺跡です。

 安威砦は村の言い伝えによれば藤原鎌足公の城ともいわれていたようで、実際、中臣氏との関連も考えられる安威古墳群と隣接することから、興味深い伝承として資料を紹介します。

-参考:「砦城古址」-

安威村の北にあり

字は城ヶ森と唱ふ

 村民伝え曰く、此の砦は大織冠鎌足公の命に依って築くと云う。然れども古跡は今は山林と成って町数は定めがたし。此の砦の麓に鎌足公旗指の松とて大樹ありしが、今枯朽て是なし。

 

安威村 古城古墳取調書上(明治七年)より

【おしらせと近況】

2018年

11月

15日

五重相伝会中の写真と成満ご報告

続きを読む

2018年

10月

11日

高槻市開催の「藤原鎌足と阿武山古墳」に出展

続きを読む

2018年

4月

11日

大念寺桜模様

続きを読む

2018年

3月

26日

五重相伝修行

五重相伝おしらせ
続きを読む

2018年

3月

21日

春彼岸の法要(彼岸施餓鬼会)を奉修

続きを読む
法然上人知恩院HP
中臣鎌足、藤原鎌足
大織冠鎌足公
井上直久氏「雲近き村」
井上直久氏「雲近き村」
徳本名号幢幡
徳本名号幢幡
極楽浄土の図(観経曼荼羅)
極楽浄土の図(観経曼荼羅)