阿爲神社蹴鞠の会

 阿爲神社(あいじんじゃ)は平成17年(2005)に本殿を新築され、その落慶記念行事として「蹴鞠(けまり)」の神事が奉納されました。それ以降、毎年秋11月に「蹴鞠の会」が恒例行事となり、珍しい行事として多くの見学者で賑わいます。

 蹴鞠に際しては、蹴鞠の普及・啓発活動をされている「蹴鞠保存会(京都市)」の方々を招いて行われています。保存会は、下鴨神社・白峯神宮・藤森神社(京都)や平野神社(滋賀大津)、また鎌足公と深い関係の多武峰の談山神社(奈良桜井)でも蹴鞠を披露されています。

鎌足公と蹴鞠の関係

 日本史上有名な「大化の改新・乙巳の変」(645)は中大兄皇子(のちの天智天皇)と藤原鎌足公がクーデターの策略を練ったといわれていますが、ふたりが親密な関係となったのは皇子が蹴鞠をしていたとき、くつが脱げてしまい、鎌足公がくつを拾って皇子に差し出したのがきっかけと伝えられています。

蹴鞠の様子

以下、クリックすると大きく表示されます。

【おしらせと近況】

2018年

11月

15日

五重相伝会中の写真と成満ご報告

続きを読む

2018年

10月

11日

高槻市開催の「藤原鎌足と阿武山古墳」に出展

続きを読む

2018年

4月

11日

大念寺桜模様

続きを読む

2018年

3月

26日

五重相伝修行

五重相伝おしらせ
続きを読む

2018年

3月

21日

春彼岸の法要(彼岸施餓鬼会)を奉修

続きを読む
法然上人知恩院HP
中臣鎌足、藤原鎌足
大織冠鎌足公
井上直久氏「雲近き村」
井上直久氏「雲近き村」
徳本名号幢幡
徳本名号幢幡
極楽浄土の図(観経曼荼羅)
極楽浄土の図(観経曼荼羅)