境内諸堂案内

梵鐘堂(つりがねどう)

茨木大念寺 つりがね

 現在の梵鐘堂は明治28年(1895)大念寺十九世讃誉玄麟上人のときに安威村の村長であった乾 縫之助氏の発起のもと建立されたものです。

 大念寺の釣り鐘は大昔から安威の村の人々にお昼と夕方の時刻を知らせる鐘として使われていましたが昭和の太平洋戦争の金属類回収令により供出されました。戦後、再びお檀家さんの協力のもと新鋳(日立造船所製作)し現在の釣り鐘に至ります。年末の大晦日の除夜の鐘には近隣の方々が鐘をつきに沢山来られます。

除夜の鐘についてはこちらをクリック

【おしらせと近況】

2019年

1月

01日

謹賀新年

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのことと

お慶び申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、

新年のご挨拶とさせていただきます。

合 掌

2018年

11月

15日

五重相伝会中の写真と成満ご報告

続きを読む

2018年

10月

11日

高槻市開催の「藤原鎌足と阿武山古墳」に出展

続きを読む

2018年

4月

11日

大念寺桜模様

続きを読む
法然上人知恩院HP
中臣鎌足、藤原鎌足
大織冠鎌足公
井上直久氏「雲近き村」
井上直久氏「雲近き村」
徳本名号幢幡
徳本名号幢幡
極楽浄土の図(観経曼荼羅)
極楽浄土の図(観経曼荼羅)