阿威山善法院大念寺 略縁起

定慧(定恵)上人 藤原鎌足長子
開山 定慧上人御影

-藤原鎌足公と慧隠法師、定慧上人

  当山の創建由来は約1370年前の飛鳥時代、舒明天皇(じょめいてんのう)の時代に、藤原鎌足公(ふじわらのかまたりこう)が遣隋使としても有名な学問僧、慧隠法師(えおんほっし)を当地に招いて仏堂を建立したことにはじまります。師は当地にて念仏を行うさなか、神仏の夢を見ることがあり、「阿威山」(あいさん)の名は、根本・機根を表す梵字(ぼんじ)の、"ア" と"イ" に通じる仏教の霊地であることを知りました。それを聞いた鎌足公は子息を師に与えて出家させたのが定慧上人(じょうえしょうにん)と言います。また、定慧上人は実は孝徳天皇の御落胤(ごらくいん)だという伝説もあります。

-当山の前身、善法寺(ぜんぽうじ)の創建

 斉明天皇2年(西暦656)、鎌足公が一時病のとき、病床の夢中に当山に鎮座する神、三宝大荒神(さんぼうだいこうじん)が現れ、「我が住する当山に寺院を建立せよ」とのお告げを与えられ、それに従って鎌足公は定慧上人を開山上人として『阿威山善法寺』(あいさん ぜんぽうじ)と称する寺院を建立しました。本来なら師である慧隠法師が開山上人となりますが、師は孝徳帝の皇子である定慧上人のほうがふさわしいとしてその座を譲りました。当時は境内に鎮守神の霊窟があって水が湧き、その傍に霊竹が生えていたとされ、現存する黄金竹(おうごんちく)であり、俗に鎌足公お手植えとも伝えます。

-中世の当山

 以来、当地は鎌足公伝来の藤原氏の荘園として伝わり、鎌足公をまつる『大織冠廟堂(たいしょくかんびょうどう)』と呼ばれて中世は安威城と共に栄え、室町時代には勧進を募って幕府より御馬太刀の奉加(寄進)を賜りました。

-浄土宗のお念仏の道場として再興〜大念寺〜

安威大念寺開山上人御影
大念寺開山 専譽流念上人御影

 しかし、一時は兵火等にかかり荒廃を受け、往古の寺塔は散逸しましたが、安土桃山時代の天正年間、京都大山崎の大念寺におられた専譽流念上人(せんよるねんしょうにん)は安威を訪れ、「当山を念仏の道場となして再興せよ」とのお告げを受けました。よって天正18年(西暦1590)に、寺号を大山崎の大念寺よりいただいて『阿威山善法院大念寺』(あいさん ぜんぽういん だいねんじ)と称し、阿弥陀如来をご本尊とする浄土宗の念仏道場を建立しました。あわせて上人は安威の四か寺と福井の一か寺をはじめ、隣村に至るまで末寺院の再興と整備を手がけて四十年間にわたり念仏の教化につとめられました。

-江戸時代の伽藍整備

 さらに江戸時代の第七世住職、往譽頓隨上人(おうよとんずいしょうにん)は更なるお告げによって享保6年(西暦1721)に、専譽上人建立の仏堂を旧跡の地に移し、鎌足公ゆかりの場所に大念寺の伽藍を整備しました。すなわち現在の地であります。

-鎌足公と阿威山

 所伝によればむかし、鎌足公の霊廟は、初めは阿威山にあったが後に奈良の多武峰(とうのみね)に移ると伝わります。しかし当山は中世以降も「大織冠堂」と称してきました。奇しくも昭和9年(1934)、近くの阿武山(あぶやま)より夾紵棺(きょうちょかん:漆で固めた棺)に入った『貴人の墓』が発見され、棺内からは、美しい錦の残片や玉枕、金糸などの豪華な品々が見つかり、金糸から復元された冠帽(かんぼう)は鎌足公が授かった大織冠ではないかといわれ、これらが出現したことは当地こそ真の鎌足公の霊廟であるとおもわせ、阿武山と阿威山のつながり、麓の大念寺との深い関係を考えさせられる誠に不可思議な伝説であります。

 当山の伝承は寺宝の『大織冠堂縁起』(たいしょくかんどうえんぎ『摂州嶋下郡阿威山大織冠堂縁起並序』)に依ります。この縁起書物は江戸時代の宝暦11年(西暦1761年)に大念寺第十世住職の練誉霊外(れんよれいがい)上人が、当山に古くから伝わる伝承をまとめて後世に残そうとし、第十一世住職の慶誉永哲(きょうよようてつ)上人が一巻の巻物にしたためました。

◎平成26年9月編集

安威のムラと大念寺(クリックすると拡大)

 

安威の集落から望む大念寺(真ん中の大屋根が本堂です)

 

  • お寺の裏山は古墳が集まる花園山(はなぞのやま)
  • 右手の手前の小高い山は砦跡が残る天神山(てんじんやま)
  • 右奥の大きな山が藤原鎌足公の墳墓がある阿武山(あぶやま)
五重相伝おしらせ

【近況】

2018年

10月

11日

高槻市開催の「藤原鎌足と阿武山古墳」に出展

続きを読む

2018年

4月

11日

大念寺桜模様

続きを読む

2018年

3月

21日

春彼岸の法要(彼岸施餓鬼会)を奉修

続きを読む

2018年

3月

18日

ヒガンザクラ

彼岸の入りとともにヒガンザクラが満開になりました
彼岸の入りとともにヒガンザクラが満開になりました
続きを読む

2018年

3月

12日

有楽椿(うらくつばき)の古木

続きを読む

2018年

1月

01日

お正月の法会「修正会」

続きを読む
法然上人知恩院HP
中臣鎌足、藤原鎌足
大織冠鎌足公
井上直久氏「雲近き村」
井上直久氏「雲近き村」
徳本名号幢幡
徳本名号幢幡
極楽浄土の図(観経曼荼羅)
極楽浄土の図(観経曼荼羅)