阿爲神社蹴鞠の会

 阿爲神社(あいじんじゃ)は平成17年(2005)に本殿を新築され、その落慶記念行事として「蹴鞠(けまり)」の神事が奉納されました。それ以降、毎年秋11月に「蹴鞠の会」が恒例行事となり、珍しい行事として多くの見学者で賑わいます。

 蹴鞠に際しては、蹴鞠の普及・啓発活動をされている「蹴鞠保存会(京都市)」の方々を招いて行われています。保存会は、下鴨神社・白峯神宮・藤森神社(京都)や平野神社(滋賀大津)、また鎌足公と深い関係の多武峰の談山神社(奈良桜井)でも蹴鞠を披露されています。

鎌足公と蹴鞠の関係

 日本史上有名な「大化の改新・乙巳の変」(645)は中大兄皇子(のちの天智天皇)と藤原鎌足公がクーデターの策略を練ったといわれていますが、ふたりが親密な関係となったのは皇子が蹴鞠をしていたとき、くつが脱げてしまい、鎌足公がくつを拾って皇子に差し出したのがきっかけと伝えられています。

蹴鞠の様子

以下、クリックすると大きく表示されます。

五重相伝おしらせ

【近況】

2017年

9月

23日

秋のお彼岸施餓鬼法要

続きを読む

2017年

5月

04日

阿爲神社春季例祭~お神輿のごあいさつ

続きを読む

2017年

3月

20日

春彼岸施餓鬼法要

続きを読む

2017年

1月

04日

お正月のようす(写真)

続きを読む

2016年

12月

31日

大晦日除夜の鐘

続きを読む

2016年

11月

23日

西国街道より「おじぞうさん」3体が来られました

元、西国街道沿いのお地蔵さん
三体のおじぞうさん
続きを読む
法然上人知恩院HP
中臣鎌足、藤原鎌足
大織冠鎌足公
井上直久氏「雲近き村」
井上直久氏「雲近き村」
徳本名号幢幡
徳本名号幢幡
極楽浄土の図(観経曼荼羅)
極楽浄土の図(観経曼荼羅)