有楽椿(うらくつばき)の古木

 当寺で一番古い木になるかもしれないのが、この前庭にある椿の古木です。幹の芯部分はすでに無くなって空洞になってしまっており、古さを感じますが、毎年この時期になるとたくさんの花を咲かせてくれます。

 花は薄いピンク色の大輪が特徴で、結構珍しいと思われます。葉っぱが鋸状で細長いので、どうやら有楽椿(うらくつばき)ではないかと考えられます。

五重相伝おしらせ

【近況】

2018年

10月

11日

高槻市開催の「藤原鎌足と阿武山古墳」に出展

続きを読む

2018年

4月

11日

大念寺桜模様

続きを読む

2018年

3月

21日

春彼岸の法要(彼岸施餓鬼会)を奉修

続きを読む

2018年

3月

18日

ヒガンザクラ

彼岸の入りとともにヒガンザクラが満開になりました
彼岸の入りとともにヒガンザクラが満開になりました
続きを読む

2018年

3月

12日

有楽椿(うらくつばき)の古木

続きを読む

2018年

1月

01日

お正月の法会「修正会」

続きを読む
法然上人知恩院HP
中臣鎌足、藤原鎌足
大織冠鎌足公
井上直久氏「雲近き村」
井上直久氏「雲近き村」
徳本名号幢幡
徳本名号幢幡
極楽浄土の図(観経曼荼羅)
極楽浄土の図(観経曼荼羅)