「お十夜法要」を厳修

茨木市浄土宗大念寺のお十夜法要

 11月8日(日)、十夜法要(じゅうやほうよう:秋の念仏会)を厳修いたしました。秋雨の日でしたが、たくさんの方がお寺にお集りいただき、み仏さまの徳を讃え、報恩のお念仏をいたしました。

~十夜(じゅうや)のいわれ~

―もとは、十日十夜のお念仏の集い―

 浄土宗のよりどころとなるお経『浄土三部経』のひとつ『無量寿経』に「この世において十日十夜の間善行を行うことは、仏の国で千年間善行をすることよりも尊い」と説かれ、その教えを実践したもので、10日間10夜にわたり 不断 (ふだん) 念仏を称えて 別時 (べつじ)の念仏を修し、阿弥陀さまのお慈悲に感謝する法要であります。

法要の様子

茨木市浄土宗大念寺のお十夜法要
入堂の様子

 今年は、半斎供養(お膳をお供えする作法)、住職による願文(表白:ひょうびゃく)の読みにはじまり、みなさまにお配りするお経本で声を合わせて読経し、堂内の明かりをローソクのみにして暫くの時間、別時のお念仏「ナムアミダブ ナムアミダブ………」と高らかにおとなえしました。

浄土宗大念寺 十夜法要
浄土宗大念寺 十夜
半斎供養
茨木市浄土宗大念寺のお十夜法要
住職の表白(願文)の披露
参詣者のお焼香
参詣者のお焼香

 今年は、半斎供養(お膳をお供えする作法)、住職による願文(表白:ひょうびゃく)の読みにはじまり、みなさまにお配りするお経本で声を合わせて読経し、堂内の明かりをローソクのみにして暫くの時間、別時のお念仏「ナムアミダブ ナムアミダブ………」と高らかにおとなえしました。

お別時念仏の様子

茨木市浄土宗大念寺のお十夜法要
暗闇のなかのお念仏のようす

奉納落語会

茨木市大念寺のお十夜法要 落語

 法要後のお楽しみとして、地元在住の落語家の喜怒家哀楽(きどやあいらく)さん(磯村昌宏氏こと)をお迎えし、奉納落語を披露していただきました。

 演目は『時うどん』と『動物園』で、落語の楽しい解説も交えて賑わしく、本堂は暖かい笑いに包まれ、皆さまに楽しい一日を過ごしていただきました。

喜怒家哀楽さん
喜怒家哀楽さん
喜怒家哀楽さん
喜怒家哀楽さんによる落語

お十夜の直会にはかつては小豆粥(十夜粥)を振舞っていたという名残から、おはぎを授与いたしております。最後はおはぎとお茶で、ささやかな茶話会を楽しんでいただきました。


「あなとうと 茶もだぶだぶと 十夜かな」

〜与謝蕪村の十夜の一句

【おしらせと近況】

2019年

1月

01日

謹賀新年

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのことと

お慶び申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、

新年のご挨拶とさせていただきます。

合 掌

2018年

11月

15日

五重相伝会中の写真と成満ご報告

続きを読む

2018年

10月

11日

高槻市開催の「藤原鎌足と阿武山古墳」に出展

続きを読む

2018年

4月

11日

大念寺桜模様

続きを読む
法然上人知恩院HP
中臣鎌足、藤原鎌足
大織冠鎌足公
井上直久氏「雲近き村」
井上直久氏「雲近き村」
徳本名号幢幡
徳本名号幢幡
極楽浄土の図(観経曼荼羅)
極楽浄土の図(観経曼荼羅)